home

税理士法人はるか

宗教法人の円満運営のために

宗教法人を円満に運営するために

正確な処理による明瞭な会計が大切です

正確な処理による明瞭な会計が大切です

宗教法人を円満に運営するためには、正確な処理による明瞭な会計が大切です。

一般法人と異なり、宗教法人には株主はおらず、檀家・信徒・門徒などの信者の方や、地域の方々の支えによって成り立っています。

宗教法人では、3名以上の責任役員(うち1人を代表役員とする)の合議により、運営されます。

役員は、一般法人のように株式の保有数ではなく、信頼関係によって選任されるため、一度、信頼関係が崩れてしまうと、運営が立ち行かなくなることも。

そうした事態は、多くの場合、会計状況の不透明さによって引き起こされます。
そのため、神主・住職などの代表役員は、正確な処理によって会計書類を作成し、役員会に提出・報告するという「明瞭な会計」が必要になるわけなのです。

会計書類の作成は当事務所へお任せください

宗教法人に精通した専門家が、正確かつ客観的な会計書類を作成

宗教法人に精通した専門家が、正確かつ客観的な会計書類を作成

宗教法人の円満運営のためには、正確な処理による明朗明瞭な会計が大切なのは、上記でご説明した通りですが、当事務所へご相談いただくことで、そうした会計を実現させることができます。

当事務所は、宗教法人へのサポートに特化した税理士事務所です。
専門家としての豊富な知識・経験を活用して、正確かつ客観的な会計書類を作成させていただきます。

税務調査にもきちんと対応することができます

税務の専門家である税理士のサポートを受けて、適正に会計処理を行うことで、税務調査にもきちんと対応することができるようになります。

宗教法人によっては、神主・住職の方の個人会計と、宗教法人の会計が不明確に処理されているケースもありますが、当事務所へご相談いただくことで、こうしたこともなくなります。

気軽にご相談ください

ご相談は、神主・住職の方だけでなく、檀家総代や氏子総代様からいただく場合もあります。

そのほか、神主・住職の奥様から、「寺院の財務を勝手に運営していると思われたくないので、会計・税務処理を指導してほしい」とご相談いただくことや、信者の方から、「他の信者からの情報開示の要求が厳しいので、正確な会計書類を作成したうえで、役員会にも一緒に出席してほしい」とご連絡いただくことがあります。

宗教法人を取り巻くお悩み・問題は様々です。当事務所では、それら1つ1つに適切に対応させていただきますので、どうぞお気軽にご相談ください。

ご相談は無料で、時間制限もありません。

事前にご予約いただければ、土日祝、営業時間外のご相談にも対応可能です。
出張相談も承っておりますので、遠方の方もお気軽にご連絡ください。

リーフレットダウンロード

税務コラム

お客様の声

事務所からのお知らせ 0663431002

top