home

税理士法人はるか

記帳代行サービス

こんなお悩みはございませんか?

  • 会計の知識がないので、記帳の仕方がわからない
  • 帳簿をきちんと管理したいが、どうすればいいかわからない
  • 計算書が作成できない
  • 納税申告ができない
  • 消費税処理が複雑でわからない
  • 会計状況の全体を把握したい
  • 毎月、きちんとしたレポートを作成・提出してほしい
  • 一般法人のように、事業計画を作成して、計画的に運営したい
  • 経営意識を持って運営にあたりたい

など

宗教法人の記帳を代行

間違った処理を行われている方も少なくありません

間違った処理を行われている方も少なくありません

大阪市の税理士法人はるかでは、宗教法人への会計・税務サポートに力を入れて取り組んでいます。

きっかけは、多くの就業法人の処理が、あまりにずさんであることを知り、驚いたためです。
なかには、まったく間違った処理を行われているところもありました。

宗教法人という分野は、会計・税務処理が独特かつ複雑な分野です。

そのため、専門家である税理士であっても、経験が不足していると、戸惑ってしまうケースもあります。

しかし、当事務所には宗教法人へのサポートの豊富な経験がありますので、きっと皆様の力、心強い味方になれると思います。

蓄積した専門性の高いノウハウでベストサポート

宗教法人の会計環境の未成熟さも、この分野に特化しようと考えた要因です。

「宗教法人・会計基準(宗教法人の会計の指針となるもの)」というものがあるものの、これは平成13年に作成されたもので、いささか古色蒼然としていると言わざるをえません。

多くの宗教法人が、会計・税務処理に戸惑うのも無理はないでしょう。

当事務所では、長年、宗教法人の顧問税理士を務めるなど、豊富な経験があります。

そうした経験により蓄積した専門性の高いノウハウで、お一人お一人にベストなサービスをご提供させていただきます。

宗教法人の本来の活動に専念できます

会計まわりをアウトソーシングすることで、宗教法人の本来の活動に専念することができるようになります。

もし、住職自身やそのご家族、スタッフの方が経理(記帳)をされている場合には、負担を軽減して、新しく生まれた時間を有効活用することができるようになります。

お客様の中には、「これまで家族が経理を担当していたが、高齢になってできなくなった。他に任せられる人もいない」と、当事務所へご相談いただいたというケースもあります。

宗教法人の会計では、寺院事業と収益事業の区分けが非常に難しく、それらをどのようにして1つの帳簿にまとめるかなど、色々と頭を悩ませることが少なくありません。

それを宗教法人側だけで適切に行うのは、困難かと思いますので、宗教法人のサポートに精通した税理士の力を借りられることをおすすめします。

宗教法人の記帳代行は当事務所へお任せください

会計に馴染みがない方も安心な「まるごとパック」

会計に馴染みがない方も安心な「まるごとパック」

収益事業を行っていて、税務申告が必要なことはわかっていても、「何をどうすればいいのかわからない…」という方もおられることでしょう。
そのように、会計に馴染みがない方もご安心ください。

当事務所の「まるごとパック」なら、通帳、請求書、領収書などの生の資料から、すべての処理をお引き受けします。

毎月、月次決算報告を作成・ご提出

当事務所では、毎月、月次決算報告を行い、宗教法人の経営体の「見える化」をバックアップします。

毎月の損益などを、目で見てわかる形でご報告して、神主・住職の方がイメージされている水準と、実際の状況がイコールであるかを確認してもらうようにしています。

複数名の専門家によるチェックで正確な会計をお届け

当事務所には、複数名の税理士が在籍しています。それらの専門家が多角的にチェックすることで、正確な会計をお届けします。

報酬について

記帳代行

記帳パック

現金出納帳、預金出納帳、売上表、仕入帳はお客様で作成していただき、会計処理(試算表の作成)を当事務所が実施するパックです。

まるごとパック

通帳、請求書、領収書などの生の資料から、すべての処理を当事務所がお引き受けします。

月間仕訳件数 記帳パック まるごとパック
200仕訳まで 10,000円まで 20,000円まで
500仕訳まで 20,000円まで 40,000円まで
500仕訳超 応相談 応相談

リーフレットダウンロード

税務コラム

お客様の声

事務所からのお知らせ 0663431002

top